診療案内

HOME > 診療案内

予防歯科

歯は毎日一生懸命に歯磨きをしていても、歯垢などの汚れがたまり、虫歯や歯周病の原因になります。
いったん歯を悪くしてしまうと、その治療にはたくさんのお金と時間がかかります。
これからは、歯が悪くなってから治療を受けるのではなく、歯を悪くしないために上手に歯医者さんを利用して積極的に歯を守っていく時代です。
定期的に美容室に行くように、歯も定期的にプロのクリーニング、メンテナンスをうけていきましょう。
気になるヤニや茶渋を落とすことで口臭予防にもなります。

虫歯、歯周病の検査

歯ぐきの検査やレントゲンの検査でお口の状態を説明します。

PMTC

専用の機械を用いて行う歯のクリーニング。
歯の表面に付いた汚れを取り除き、歯石や、歯と歯の間の磨き残しをきれいにします。

ホワイトニング

専用の薬品と機械を用いて行う歯のブリーチングです
当院では知覚過敏になりにくいホワイトニングシステムを導入しています。

インプラント

インプラント治療とは、歯の抜けた部位に人工の歯根を外科手術により埋め込んで、人工歯根があごの骨に固着した後、人工の歯冠を上から装着する治療法です。
インプラントは永久的なものではありませんが、日々の清掃と定期的な検診を継続することで長期的に良好な予後が期待できます。
インプラント画像

インプラントの長所

インプラントの良い点は自分の歯と同様な感覚で噛むことができ、噛む力、味覚が低下しないことです。また周囲の健全歯を傷つけず、審美性も良好です。

インプラントの短所

インプラントの留意点としては、手術(抜歯と同程度の外科手術)が必要で全身疾患(重度の糖尿病など)やインプラントを埋め込む場所の骨が少ない場合など、 場合によっては治療できない場合もあります。

インプラント治療の流れ

検査→説明(図2)→インプラント植立手術(図3)→術後7〜10日目抜糸、インプラント清掃指導→術後2週間目の経過観察→術後3週間目の経過観察→ 術後1ヶ月目の経過観察→術後1〜2ヶ月目、人工歯冠作成、装着・噛み合わせ調整→人工歯冠装着1週間後の経過観察→人工歯冠装着1ヵ月後の経過観察→ 人工歯冠装着3ヶ月後の経過観察→人工歯冠装着6ヶ月後の経過観察(インプラント治療終了)→以後1年おきにリコール

入れ歯

細密な型取りと設計、正しい理念に基づいた入れ歯で「痛い、噛めない、外れやすい」といった入れ歯の悩みに真摯に向き合います。
歯ぐきの状態や噛み癖、筋肉の動きは人それぞれ違います。
人によっては治療回数と時間を要しますが、精度の高い入れ歯は、噛めて、見た目も自然であり、正しく発音できます。
将来的にも骨の吸収や顎関節の異常が起こらないように、確実に良い入れ歯を、丁寧な仕事でお作りいたします。

BLKロックデンチャー

残っている歯に引っかけをつくらない部分入れ歯で残っている歯を痛めません。
詳しくはこちら

ソフトフィットデンチャー

裏面がシリコンなので柔らかく噛む時はもちろん取り外しの時にも痛くありません。
詳しくはこちら

ノンクラスプデンチャー

金属を使わず、吸盤効果により歯ぐきに密着させるお口に優しい入れ歯です。

歯周病治療

歯周病は歯と歯ぐきの境目に住む細菌がおこす炎症性の感染症です。
その怖さは痛みなく進行し気がつくと重症化しているところにあります。
治療の最大の鍵は、歯の周囲の細菌を一定以下に保つことです。
歯周病は治せます。しかし一回の治療で完治するものではないため、継続した治療やケアを必要とし、長いお付き合いとなります。
根気よく治療を続けるためには、きちんとした現状の説明と、成果が見える治療が大切です。
当院では医師、歯科衛生士がチームとなって連携をはかり治療、検査、カウンセリングを繰り返しながら包括的にアプローチします。
歯石の除去やブラッシング指導、歯周外科治療まで幅広く行います。

小児歯科および小児矯正

小学校低学年から、永久歯と乳歯が入り混じっている、混合歯列期は、正常咬合へ育成する絶好機です。
この時期に、裏側から装置を入れますのでほとんどわかりません。
永久歯が生え揃ってから(小学校高学年から中学生くらい)表側に装置を入れます。

往診

障害のある方など通院が困難な方には、こちらから訪問して診療いたします。

お電話 054-256-6001
●診療時間:9:00〜13:00
      15:00〜19:00
      土曜日/9:00〜14:00
●休診日 :水・日曜日/祝日

〒421-0101
静岡県静岡市駿河区向敷地1149-8

地図